薬剤師転職で多い理由はこちらです

収を上げるために今の薬局から他の薬局に行くという方も大勢います

もちろん年収を上げるために今の薬局から他の薬局に行くという方も大勢います。
東京とか大阪や名古屋、福岡などの都市部での調剤併設ドラッグストアの年収の高い求人というのはあまりないです。
年収が600万円でもかなり珍しいくらいです。
でもこれからの求人は、年収600万円は無理でも、たとえ調剤未経験であったとしても年収500万円以上は最初から提示をしてくれるところが多くあります。
病院薬剤師からの転職だったら、ほぼ確実に年収を上げることができるのです。
職場を変わる場合には、なぜ転職をするのかという明確な理由を持つことが大事です。
目的をもって転職をする場合は成功に繋がることが多いからです。
例えば家を建てて住宅ローンがあるから今よりも年収を100万アップしたいといったような目的があったら、成功に繋がる可能性が高くなります。
明確な目的があったら、就職すべき薬局の形態も分かってくるのでスムーズです。
例えば、年収アップを叶えるために働くのであれば、調剤薬局へ転職もいいかもしれません。
また人によっては残業が発生しますが、OTCドラッグストアや調剤併設ドラッグストアがいいということもあります。
病院の薬剤師というのは特に年収格差が多く転職をするという方が多いのが特徴です。
病院薬剤師というのは、月収が22万円くらいという場合も珍しくなく、手取りにすると20万円を切るのも普通です。
場合によっては手取りではなく基本給が20万円くらいのケースもあります。
こういったことから職場を変わる方が少なくありません。

薬剤師転職で多い理由は人間関係と労働環境、年収アップ収を上げるために今の薬局から他の薬局に行くという方も大勢います人間関係が悪化したので薬剤師転職をする

薬剤師の転職 : 薬剤師の転職サイトランキング