薬剤師転職で多い理由はこちらです

人間関係が悪化したので薬剤師転職をする

また人間関係が悪化したので薬剤師転職をするという方もおられます。
これは年収アップと同じくらい多い理由になります。
薬剤師というのはとても狭い世界の中で仕事をすることになるので、人間関係が悪化すると職場を変わることを考える方がとても多いです。
人間関係の悪化では、縦の関係と横の関係があり、その中でも縦の関係によることが多くなっています。
縦というのは、自分と上司との関係のことをいい、調剤薬局などでは管理薬剤師と合わないからなどの場合が多いようです。
横の関係だと、他の一般薬剤師とか事務員との仲があまりよくなかったり、同僚からいじめられたりするのが原因となることもあります。
他にも病院だったら、薬剤部長との意思疎通がうまくいかないとか、看護師との仲が悪くて仕事を変わることを考えるということもあるようです。
佐護は労働環境の悪化が退職に繋がるということも多いです。
人が足りないために忙しすぎて休みが取れないとか、夜遅くまで毎日残って働かないといけないなど労働条件が悪いことによる転職です。
働き始めた時にはそこまで悪くなくても、一気に労働環境が悪化してしまうことは珍しくありません。
例えば、調剤薬局で仕事ができる人がいきなり二人も辞めてしまった場合などです。
他にも女性薬剤師だと結婚とか出産が退職に繋がることもあります。
特に育児中は子供の定期検診とか急な病気にかかることもあり、急きょ休みをとって周りが大変になるということも珍しくないです。
このように薬剤師転職をする方たちは同じようなことが原因となっていることが多いです。
その他にもスキルアップとかキャリアアップを目指したいという方もおられます。
薬剤師転職は決して珍しいことではなく、いろいろなことが原因になって多くの方がされているということです。

薬剤師転職で多い理由は人間関係と労働環境、年収アップ収を上げるために今の薬局から他の薬局に行くという方も大勢います人間関係が悪化したので薬剤師転職をする