薬剤師転職で多い理由はこちらです

薬剤師転職で多い理由は人間関係と労働環境、年収アップ

一般企業に比べると薬剤師は転職をする人が多い職種になります。
薬剤師転職で多い理由ですが、大きく分けると人間関係と労働環境、年収アップというものがあげられます。
他業種を目指すために転職をするという場合には、特に誰も疑問を抱くといったことはありません。
例えば、それまで調剤経験のなかった企業の薬剤師が薬局で働きたいと思って目指したり、スキルアップのために病院で働きたいと考えることはよくあります。
でも、同じ業態への転職がかなり多く、調剤薬局から他の調剤薬局とか、病院から他の病院といったこともよくあることです。
同じ業種で業態であっても、会社だけを変えようとするというのがとても多いのが現状です。
なぜ同じ職場でずっと働かないで、転職という選択をするのかというと、この理由が年収アップとか人間関係や労働環境となっているのです。
薬剤師転職をする方のほとんどがこの理由となっています。
薬剤師転職を考えている方たちは、背景に親の介護とか子育てなどいろいろな理由を持っています。
そうした中でも、年収アップというのは常に上位にランクインしているのです。
薬局でも病院でも、薬剤師として働く以上は誰もが年収を上げたいと考えているということです。
特に病院薬剤師や大きな病院になればなるほど年収が少ないので、今後のことを考えて職場をかわっておくという方が多いです。
家族と養わないといけないということから、病院から調剤薬局に行ったり、ドラッグストアに変わるという方もおられます。

薬剤師の求人・転職サイトを90サイト比較し、本当に使える転職サイトを紹介しています。
この方法で年収100万アップできます。

▶︎失敗しない薬剤師転職サイトの選び方
https://t.co/7D3tqXHWUp pic.twitter.com/TvJQMNrH6u

— 薬剤師転職相談 (@pharmacist_navi) 2019年6月10日

薬剤師転職で多い理由は人間関係と労働環境、年収アップ収を上げるために今の薬局から他の薬局に行くという方も大勢います人間関係が悪化したので薬剤師転職をする