Search:

太陽の国宮崎県で太陽光発電


太陽光発電に関するCMや広告を最近よく目にする。
太陽光発電のメリットの一つは、環境に優しいクリーンなエネルギーだという事だ。
環境汚染や自然災害が増えてきたことで、個人個人の環境を守ろうという意識が高まってきているのだろう。
確かに、環境が汚染されていることは日々の生活の中でも嫌という程実感する。
また原子力発電などに対する不安感や不信感を募らせる人も多いのではないだろうか。
環境を守りたい、自然に優しい暮らしをしたいと強く思っても、一個人としてできる事は限られている。
そのような中で太陽光発電というのは、家庭で出来るエコ活動の一環として魅力的なのではないだろうか。
とはいえ、エコバックや節電といった身近なエコ活動と比べると、太陽光発電は大掛かりなエコ活動だ。
初期費用や、取り付け工事について、そもそもの太陽光発電のシステムについてなど不安に思う要素が多い。
太陽光発電が良いらしいとは分かっていても、なかなか設置に踏み切るのには勇気がいる。
長い目で見ると、太陽光発電は節約になるのだろうか?
これについては、賛否両論の意見を聞く。
自宅で発電した電気を使って生活できるので、毎月の電気代が安くなる。
また余った電気は電力会社に買い取ってもらえるので、収入が増える事もある。
ただ、住んでいる場所やライフスタイルによっては太陽光発電の設置にかかる費用の方が高くついて損をしたと感じる事もあるようだ。
太陽光発電の設置には念入りな調査と熟考が望ましいと言えるだろう。
どんな地域が太陽光発電に適しているといえるのだろうか。
発電のためには太陽が出ていないともちろん意味がない。
例えば、太陽のイメージの強い南国宮崎はどうだろうか。
宮崎県では夏はもちろん冬も昼間は日ざしが強い。
冬の朝は冷えるのでブーツやコートを着用して家を出るが、10時を過ぎる頃から日ざしが強くなりブーツやコートは必要なくなる。
冬でも半そでで作業している人や、はだしで遊んでいる子供を見かける程だ。
さすがに空気は冷たく感じるのだが、太陽の力が強すぎて冷気を吹き飛ばしてしまう。
さすが南国、太陽の国宮崎県だと感心するほどだ。
このような地域では太陽光発電は年間を通して活躍してくれるだろう。
また、停電時にも電気を使用できるというメリットもある。
台風が多く、停電が多いとされている宮崎県ではこの点も魅力的だ。
太陽光発電は決して安い買い物ではない。
メリットデメリット、自宅の環境などをよく考慮した上で、家と一緒にエコ活動に参加してみるのはどうだろうか。