Search:

日照時間3位の宮崎で太陽光発電


太陽光発電でスムーズな発電を確保できるかは、日照時間と関係が深いです。
太陽の光が降り注ぐ時間が長ければ、それだけ長く発電が可能になるからです。
逆に曇りの日や雨の日が多いと、電力会社から電気を購入しなければならず、コストがかかります。
太陽光発電により、これまで支払ってきた光熱費を大きくダウンさせるためにも、日照時間の長さは重要になります。
この点、宮崎は全国的にみて、太陽光発電には非常に有利な県です。
宮崎県は全国47都道府県における日照時間の長さの比較で、見事トップ3にランクインしています。
気象庁の記録によれば、年間あたりの日照時間の全国平均は1,897.4時間になります。
宮崎県の場合、2,116.1時間と3位に輝いています。
ちなみに最下位の県は1,526.0時間です。
宮崎県と比べると年間あたり590.1時間の差が生じています。
宮崎は太陽光発電に向いている県だというのが分かってきたでしょう。
太陽光発電を設置するにはお金がかかるからという懸念の声もあります。
確かに初期投資額は大きくなりますが、国の補助制度や自治体による補助制度もあります。
さらに、余剰電力の買取制度により、ご家庭で使い切れない電力を電力会社に売って収益を得ることができます。
また、蓄電池等を備えない限り、太陽光で発電した電力は蓄えられないので、太陽が当たっていない時間帯は、これまで通り電力会社から電気の供給を受けなければなりませんが、日照時間が長いほど、電力会社から電気を買う量が減りますから、コストの節約になります。
このように補助金・売電による収益・電気代の節約というメリットを考慮すれば、太陽光発電は必ずしも高い買い物ではありません。
もう1つのメリットとして、停電時や災害時などに非常電源として活用することができます。
電気の供給がストップしても、太陽光が出ていれば発電ができるので、かなりの安心感があります。
さらにCO2を出さないクリーンな電力なので、地球温暖化防止に繋がりエコにも貢献できます。
国全体が自然エネルギーへと向かっていく中、その有利な日照時間を活かし、一足先に太陽光発電を導入してみてはいかがでしょうか。