Search:

宮崎に太陽光発電


これからの時代は自然エネルギーを使うことで環境にやさしいエネルギーが注目されています。
地球を大切にすることで私たちは今の世代だけでなく未来永劫に続く産業を創造していかなくてはなりません。
最もエネルギーの消費は電力であることは言うまでもありません。
地球の人口は72億と言われていますが、これだけの人口が先進国と同じ消費を使っていたら地球は何年も持つはずがありません。
そこで考えられたのが自然エネルギーです。
自然エネルギーと言ってもいろいろあります。
風力利用したもの、或いは地熱を利用したもの、水力利用したものなどさまざまです。
現在は火力発電が主力でこの化石エネルギーの利用はいまだ欠かせません。
でも無尽蔵に化石はあるわけでありません。
そこで登場したのが原発です。
核の平和利用は福島の事故まではほとんどだれもが疑わなかったはずです。
ところが地震津波でもろくもメルトダウン起こして外部へ放射能をまき散らし、専門家たちはなすすべもなかったことは誰も知ってのとおりです。
原子力の脅威は広島、長崎と唯一の被爆国である我が国のまた過去と同じ災害をもたらせる結果となってしまったのです。
もう原子力に頼っていたらダメです。
そういう国の方針が新しいエネルギー、環境にやさしいエネルギーを本格的に稼動にのせる計画が打ち出されました。
何と言っても太陽熱利用が化石エネルギーにかわる未来の電力のエネルギーであることは疑う余地はありません。
太陽光発電は広大な土地を必要とします。
日本では南国、宮崎が充分太陽熱を供給可能です。
宮崎と言えばパイナップルのような南国でなくてはできない地の利があります。
そこで出来るだけ大きなメガソーラーをつくりだすことは未来の電力供給には欠かせません。
まずは宮崎で太陽光発電の成功を生むことで全国各地域で地域に応じた太陽光発電を広げて行くことが、これからの産業には欠かせません。
もう原発に頼るのはやめてあくまでのつなぎのエネルギーとして早いこと太陽光発電を実効性のある産業に移行する積極的努力しなくては間に合いません。
その手本となるのが宮崎の太陽光発電の成功例をおさめることは欠かせません
日本の成功は世界のエネルギー移行になる大きな産業をつくりだす大きなプロジェクトです。
それには政官財および国民の育てる力がなくてはなりません。
それには今の世代だけを満たすことをするのでなくて、先人たちが残した地球環境を未来永劫と続ける責務を私たちが持つことが大切です。
いのちのつなぎは人間だけでなくあらゆる動植物がこの地球環境で育っていることを忘れてはならないのです。
さあ、宮崎初のでっかい太陽光発電を成功させようではありませんか。