Search:

宮崎で太陽光発電を行う


太陽光発電をするには、太陽光発電を効率よく行える場所にソーラーパネルを設置できないと、せっかくお金をかけてもあまり電気を効率よく生み出せないのだそうです。
確かに、南向きの屋根にさんさんと太陽光が当たる私の部屋は、今の時期、光が入らない部屋がうすら寒いのに比べ、明るくてぽかぽかしています。
窓を通してもこれだけ太陽の熱はあたたかく、素晴らしいことを考えると、ダイレクトに太陽光を集められるだけの場所にソーラーパネルを設置して、そのエネルギーを蓄電池に貯めておけば、しっかりと電気が使えます。
宮崎では最近、メガソーラーといって使われずに放置されたままの広い土地で、大規模な太陽光発電を行う事業が始まっています。
これまでは企業の工場や商業施設を誘致するために用意していた土地ですが、経済活動に陰りが見え始めた今、工場も商業施設も誘致が大変困難になっています。
企業としても新しく工場を造ったり、商業施設を作っても人が集まらないことがわかりきっていますから、何か別の方法をと考えたのでしょう。
宮崎は台風もよくやってきますが、晴れた日にはさんさんと太陽が降り注ぎ、広い範囲で太陽光発電を行うには最適な町だと思います。
メガソーラー発電という新しい事業が生まれ、そこで雇用も生まれるでしょうから、経済活動にも一役買っていると思います。
いえ、電力を作り出しているのですから、経済活動への寄与度はかなり高くなってきているのではないでしょうか。
これからも手つかずで放置されたままの土地が、どんどんソーラー発電の場として使われていくならば、そこから未来の電気の供給の在り方が変えられるかもしれません。
宮崎という南国の太陽の光を集め、それを上手に活用することができたなら、原子力発電所の問題も少し違った角度から見られるようになるのではと思います。
メガソーラーだけでなく、宮崎のお住まいの一戸一戸にも太陽光発電を導入してもらいたいものです。