Search:

太陽光発電のいろは


宮崎は人口100万人を超える県です。
人口が多いと電気の年間の使用量は莫大なものになります。
その部分を支えているのは、水力発電です。
水力発電は再生可能エネルギーである水を燃料にします。
自然に配慮した方法だともいえるでしょう。
同じく再生可能エネルギーの太陽の光を燃料にするものがあります。
それを太陽光発電といいます。
それにも注目が集まっているのです。
これは家庭で出来ます。
オフィスや公共施設などでも出来ます。
この土地はとても恵まれた環境にあるのです。
その証拠に快晴の日が多く、日照時間は全国で上位にランキングされています。
それが強い味方になるのです。
ご存知でしょうか、導入の仕方はとても簡単です。
ソーラーパネルを屋根に設置します。
太陽の光を集めることで、電気を作成します。
ただこの段階では直流電力が作成されます。
そのままでは使うことは出来ないです。
そのためその電力はパワーコンディショナーへと送られます。
そこで交流電力に変換します。
これで家庭でも使える電力になるのです。
続いて分電盤に送られます。
これは発電された電気を家の中に送る装置です。
室内には売電メーターと買電メーターを取り付けます。
どれだけ発電してどれだけ売電したかを見ることが出来ます。
その発電量は天候や時間帯によって変化するのです。
まずは時間帯を見てみましょう。
朝と昼は太陽の光があるので発電が出来ます。
夕方もぎりぎり大丈夫です。
夜になると太陽の光はまったくなくなるので発電は出来なくなります。
続いて天候です。
晴れの日は問題はないです。
雲が出ると発電量は少し減ります。
雨の日はまったく発電は出来ないと考えるべきです。
売電とは電力会社に発電した電気を売ることをいいます。
買電とは電力会社から電気を買うことをいいます。
また売電の価格はその年ごとに変化します。
しかしシステムを導入した年の価格がその後10年間継続して適用されます。
導入を検討する際はそれらもよく確認しておきましょう。