Search:

宮崎市の意外な太陽光発電のメリット


宮崎市は夏場はかなり暑くなるところですので太陽光発電を設置すると昼間の冷房代を賄って、さらに売電ができますしかなりお得です。
ソーラー発電のメリットは多くの方が知っていると思いますが、電気の節約になること、売電ができること、そして環境にいいことなどがあります。
しかしその他にも意外なメリットがあるのをご存知でしょうか。
実は屋根に断熱効果を期待することができます。
これは屋根の上に太陽光発電を設置した場合なのですが、屋根にパネルを設置しますと、夏場は直射日光が屋根に当たっても、ソーラーパネルが受け取ってくれ増すので屋根の下の住宅の部分には暑さが伝わりにくくなるのです。
ですので断熱効果が発揮されます。
屋根裏部屋などを設置していますと夏場は灼熱地獄になる事がありますが、そのときに屋根の改修を行うのではなく、ソーラー発電を取り付けたほうがいいかも知れません。
こちらのほうが発電もできますし一石二鳥です。
断熱効果があれば冷房をつける頻度も少なくなります。
元々ソーラー発電により節電できているのにも関わらずさらに節電できますので、売電の額が増えるのです。
非常に魅力的なメリットですので知ってもらいたいと思います。
ちなみにこれは屋根の上にソーラーパネルを設置する場合限定なのですが、一般的にはどこの住居でも屋根の上に設置するのが普通ですので大体どこでもこのメリットは堪能できるのです。
コンクリートの家で屋上のある家の場合は足場を組んでパネルを設置する場合には断熱の効果はありませんが、そもそもコンクリートの家の場合は元々断熱効果が有りますし、太陽光発電に断熱効果を期待する必要もありません。
この断熱効果というのは太陽光発電ができて実用化されてから発見されたメリットです。
これからももしかすると沢山の知られざるメリットが発見されるかも知れません。
まだまだソーラー発電は未知数の部分があり、どのようないいところが発見されるのか楽しみです。