Search:

機能面でメーカーごとに把握

自分の家でも発電をすることが出来る太陽光発電はここ数年の間にかなり大きく注目をされている発電方法になります。
実際に太陽光発電を自分の家に取り入れようと思った時にまず驚くのがメーカーの種類が多いということになります。
太陽光発電に関してあまり気にしていない時だとイメージ的にはあまり参入しているメーカーが少ないように感じたりするのですが実際にどんな風に種類があるのだろうと考えたりして見てみるとかなり多くのメーカーが太陽光発電に参入しているということを知ってビックリしてしまうことでしょう。
実際に多くのメーカーが参入しているのですがメーカーごとに特徴などが違ってきます。
よく太陽光発電に関してCMなどで見かけるのがソーラーフロンティアになると思いますが、ソーラーフロンティアの場合は曇っている時でも発電能力が優れているという風に言われています。
京セラなどの太陽光発電に関しては日本で始めて一般住宅用に製品を出したメーカーになります。
ここ最近の話題ではメガソーラーなどにも活用されているメーカーです。
三菱電機も参入しているのですがパワーコンディショナへの電力変換の変換効率が優れているといわれています。
同じく変換効率で優れているのは東芝の太陽光発電です。
変換効率重視ならこの2メーカーが注目だと思います。
パナソニックは三洋電機が傘下に入っている分とても製品の質が良いです。
とても人気があるメーカーになります。
そして一番実績があるメーカーとしてはシャープが実績があります。
導入数も一番多いメーカーになります。
歴史が長い分価格も安めに提供できているので実際に導入するご家庭が多いのも納得です。
他にも中国に本社があるサンテックパワーやカナダの厳しい気象条件にも耐えられる技術を持っているカナディアンソーラーなどがあり他にもいろいろとあるのですが、大まかに注目しておくメーカーはこれらのメーカーになるのだろうと思います。
検討する際には参考にして見てください。