Search:

価格を比較しておく

太陽光発電を実際に自分の家に取り入れるというときに最初に設置をするわけですが、この最初の設置する時にかなり金額がかかってきます。
機能的にはかなり優れた性能のものを持っていますのでメーカーでもそれなりに価格設定が違ってくるのです。
メーカーによって価格がどのぐらい違ってくるのかをまずは比較をしてみましょう。
メーカーの希望小売価格を参考にしてみると金額的にやや高めになっているのがパナソニックと東芝になります。
中でも一番金額が高いのは東芝になってきます。
ただ東芝の場合金額が一番高かったとしても機能面でとても優れています。
最大の発電量や変換効率を比較してみると他のメーカーに比べてダントツで高いからです。
性能が良い分金額も高めになってしまっていると考えると仕方がないのかもしれません。
同様にパナソニックも次に価格は高いのですが同様に発電量や変換効率が次に良かったりするので金額相応と考えても良いのでしょう。
機能もそこそこで金額もややリーズナブルだという点で考えると京セラがあがってきます。
他にも若干機能的には他のメーカーに劣ってしまうけど金額的に安いという点だけで考えたらソーラーフロンティアが出てきます。
こういった感じで金額面に対してこういったメリットがあるといった感じで色々と総合していくと若干の変動が出てしまいますが、金額面だけで安い順番に上げるとしたらソーラーフロンティアが一番安く次に京セラが来て以降、シャープ、サンテック、カナディアンソーラー、三菱、パナソニック、東芝といった順番になっていきます。
これらを参考にして取り付けしやすい価格面で重視していくか、それとも長い目で使うことを考えて機能面で便利なメーカーを選んでいくかといった選択肢になっていくと思います。
色々とメーカーごとに特徴を見たりしているとそれぞれまた違いが出てくるのでそれぞれを見比べて最終的にどこのメーカーの製品を導入するのか決めていくことになると思います。