Search:

助成も上手に利用して取り付ける太陽光発電


太陽光発電機器の取り付けは高額であるために、数年前までは、決して得がないと思いとりつけなかった人達も、大震災時の太陽光発電機器の活躍のすばらしさと機器が需要増大のため安価になってきたことなどを含め、どんどん導入を進めています。
つい数年前までは、太陽光発電の停電時の価値なども解りながら、ローンを負ってまでも損な状況の太陽光を取り付けるには、一般的な収入の家庭では無理がありました。
今なら、国の助成金額も下がり、売電単価も6円も安くなりましたが、上手に太陽光発電機器専門業者を選択することができれば、最新のパワーアップした技術の機器を非常に安価につけられるので、今の方が短期にその機器代金を売電により回収できてしまうという現実です。
それに、国の助成だけでなく、都道府県、市町村と二重、三重の補助金を得られる地域もあり、それを利用することで、更に太陽光発電機器費用の回収が早くなると言えます。
数年前までは10年でも回収しきれないと言われていたのが、今や7年ほどで回収できるものもあるということです。
しかも、最近の機器は15年保障というようにメーカー保証が5年も長くなりました。
ちょうど機器をつけるためのローンを15年程度で組む人が多いですし、その間の故障などのメンテナンス保障がされているというのは心強い話です。
もちろん、専門業者の中でも実績がある技術力の高い所に取り付けてもらえれば、メーカーに直接言わなくても業者が丁寧な対応をしてくれるという安心感があります。
できるだけ安価に、屋根環境に適したメーカーのシステムをしっかりと取り付けてくれる誠実な専門業者に依頼をすることで、その費用の全てが回収されることが保障されているようなものですし、反対に貯蓄ができる可能性もあります。
まずは、きちんと屋根の状態を調べてくれて、その状況とどんなメーカーの機器をどのように取り付けるのが良く、どれくらいの発電が予測されるのかなどを、納得できるように説明をしてくれる専門業者にきてもらうことから始めましょう。