Search:

オール電化とオールガス

太陽光発電を自分の家に導入をするとなった時にちょっと気になる存在になるのがオール電化という存在になると思います。
オール電化にすることで割引価格で利用することが出来るというシステムです。
こういったオールのものでは他にオールガスがあります。
オールガスもガスのエネルギーですべてを賄っていくような感じです。
実際にオール電化とオールガスというのはどちらが特なのだろうという比較をしてみようと思います。
オールガスの場合はオール電化と同じように割引制度などもあります。
オール電化の場合はガスが不要になるのですが、オールガスの場合に電気料金が不要になるかというとそうでもありません。
電気料金の基本料金や使用料金はそれなりにかかってくることを考えるとオール電化の方が便利と考えることが出来るのです。
こういった違いがあるのでオール電化の方が有利に感じるのかもしれませんが生活状況でオールガスの方が向いているというケースもあり、寒い土地に住んでいるご家庭や家族構成的に日中に集中して使うものが多い場合はオールガスの方が安くなるということがあります。
逆に日中はあまり家にいなかったりして夜間に利用する割合が多いご家庭やそれほど寒い地域で無い場合にはオール電化の方が向いているといえます。
このように生活状況や住む場所によっておすすめするものが違ってきますのでその点は検討してみる必要が出てくるのですが、太陽光発電を導入するというようであれば状況によってはオール電化にしてしまったほうが光熱費に関してもかなり特になるということは充分ありえることです。
それに太陽光発電を取り入れれば電力はかなり自分たちで作り出してそこから利用することが出来るので結果として電気代は安くすることが出来るからです。
なので実際に太陽光発電の工事の見積もりをしてもらう際にオール電化にした場合にはどのぐらいの工事費がかかってくるのかということなども相談してみると良いかもしれません。